ペンギンの二度寝

アナログレコードをはじめた女。音楽や本、旅の記録

新宿と吉祥寺で出会った70年代の歌姫たち。

f:id:naco-7:20170606234843j:plain

このところ立て続けに買ったツェッペリンのアナログレコードが少々高めだったこともあり、ちょっとレコードハンティングは控えようかなあと考えてた矢先、所用で新宿に出かけたらやっぱり我慢出来ずレコードショップに行ってしまった。むむむ。

渋谷店に続き去年アルタにオープンしたHMVのレコード専門のショップをちらりと…。

recordshop.hmv.co.jp

まずはまだ買ってないツェッペリンのアルバムを物色。だけど最近実際買ったものやネットの情報などを考え合わせると慎重になってしまいます。ツェッペリンはもうちょっとよく調べてから買おうかなあ。

それで他のものも探してみるけど、なかなか値段との折り合いが付かず。だんだん場数が増えてきたせいか、最初と比べて慎重になってきたなあ。

そこで今まで見てこなかったEPコーナーへ。EPは直径17cmの小さいレコードで主にシングル曲用のもの。小学生のころ初めて自分の小遣いで買った音楽が男闘呼組のシングルEPでした。懐かしい。

そして前から気になっていた藤圭子のEPの中から「新宿の女」と「みちのく小唄」をお買い上げ。二枚買って1000円ちょっと。よしよし。

www.youtube.com

それから、せっかく新宿まで来たからもうちょっと足を伸ばして吉祥寺へ。昔、5年ほど住んでいたことがある大好きな街です。今年3月にオープンしたHMVレコードショップの3号店HMVレコードショップコピス吉祥寺店ディスクユニオン吉祥寺店 をハシゴしたけど、これというものに出会えず…。なのでちょっと離れた井の頭通りの方にあるココナッツディスク吉祥寺店へ初めて行ってみました。

| COCONUTS DISK KICHIJOJI

ようやく見つけた、今日の決定打! アルゼンチンのフォルクローレ歌手、ヒナマリア・イダルゴ(Ginamaría Hidalgoのスタジオアルバムと1975年日本公演のライブ盤。この二枚のLPを買っても2000円でお釣りがくるなんて~。アナログレコードの楽しみの一つはこれです

www.youtube.com

 

この曲をアナログで聴いて素晴らしいと思ってて、いつかLPが欲しいと思っていたのです。よかった~。家に帰ってから早速聴いてみます。ヒナマリアちゃんの日本公演では「浜辺の歌」を日本語アカペラで歌っています。途中から若干日本語があやしくなるけど、これがほんとうに美しい。一時期は日本でも結構人気があったそうだけど今はあんまり知られてないっぽい。非常にもったいない。是非↑のyoutubeで天上の歌声を聴いてみて!

そして藤圭子。ちょっとすごいですよ、宇多田ヒカルのお母さん。EP盤じゃ物足りなすぎる。いそいでネットでLPを検索です。どうやら1970年の渋谷公会堂のライブ盤が超名盤にして希少盤らしい。昨年他のライブ盤と一緒にようやくCD化されボックスセットで発売中とのこと。

www.110107.com

どうしよう~。これも欲しいけどやっぱりアナログの音で聴きたいよう! 

悩んだ末、ヤフオクでLPをぽちっとしてしまいました…。初ヤフオクです。やばいです。私はこれから自制心を保てるのか? 財布のひもをぎゅっと締めながら、到着を待ちましょう、ね。なこさん。

 

 

広告を非表示にする