ペンギンの二度寝

アナログレコードをはじめた女。音楽や本、旅の記録

ソーセージとアナログレコードと。

先日、職場の人からドイツ出張土産のソーセージを頂いたので、帰りのスーパーでオートマティカリーにドイツビールをパーチェイスドイツに関連したLPがあれば完璧なジャーマン・アナログ・ナイトだったんだけど、残念ながら何一つ持ってないのでマイルスからのレッド・ツェッペリンというドイツ感ゼロの流れに。とはいえ至福〜

f:id:naco-7:20170602015235j:plain

 
以前の記事(アナログ沼の深淵が… - ペンギンの二度寝)で、買ったツェッペリンの「Ⅳ」のLPの音が残念、と書きました。が、その後聴き続けていたら…あいかわらず音の歪みは健在なのに何故か…25年来聴き慣れたCDよりLPの方が好きになりつつあるんですけど…!
気持ち悪いと思った音の歪みは、いつの間にかスルー出来るように成長(?)してまして。最初は「Ⅳ」のLPを聴き始めてもやっぱり楽しめない!とCDにチェンジしてたのに。
安いアナログプレイヤーだから高い精度の再生はそもそも無理なんだけど、アナログ特有の美味しい音がちゃんと鳴っているのに気付いちゃいまして。CDでは得難い生々しさやダイナミズムはやっぱりライブで聴くのと似た感覚があるのかもなあ。
 
私はオーディオ関係の会社に勤めているため、ハイエンドのプレイヤーやアンプが本気でアナログレコードを再生した時の凄味…有機的な実体感、リアリティと説得力を持った音を知っています。
そしてそんな音を実現するにはかなりコストがかかる事もよーく知っております。
だから、宝くじでも当たんなきゃ納得する音は手に入らないのかー!と耳だけが経験を積んでしまって懐具合との釣り合いが全く取れない我が運命を呪ったもんです。
 
ところがこのツェッペリン「Ⅳ」の一件で、アナログという沼はめちゃめちゃ深いけれど、案外広さもあることが分かりました。
特別お金をかけなくても十分楽しめる懐の広さ。ただのノスタルジーで片付けられない不思議な引力。これは体験しないと分からないぜぇ〜。
最近新譜で出してるLPにもこの魅力があるのかは、聴いたことがないから分からないけど(何しろほとんど録音はデジタルだろうし)、CD時代以前の音楽が大好きな人は特にハマるんじゃないかなあ。うふふ。おいでませーアナログ沼。
あ、昨夜渋谷の素敵なオーディオショールームに行ってきましたよ。その模様は次の記事にて!
 

広告を非表示にする